日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、家族の幸せと、未来を担う子供たちの健全な成長をよりサポートするために「ハッピーセット」を2021年1月8日(金)にリニューアルします。サイドメニューは、栄養バランスに配慮して今までの2種類から4種類に拡充し、お子様の成長や食の機会にあわせて、より幅広い選択肢からお選びいただけるようになります。また、おもちゃは、子供たちが主体的に関わり、“遊び”や“体験”を通じて子供たちの成長と発達をサポートすることを目指して開発いたします。

 マクドナルドは、ハッピーセットを年間約1億食、販売している企業の責任として、お客様の声に耳を傾け、時代に合わせて、変わり続けていこうと考えています。近年では、モノを大切にする気持ちやその想いを行動につなげてほしいという願いから「おもちゃリサイクル」を、また、気軽に本に触れ、本を通じて親子のかけがえのない時間を過ごしてほしいという願いから「ほんのハッピーセット」を開始しました。このたびのリニューアルによって、家族の幸せと、未来を担う子供たちの健全な成長のサポートをより強固なものとして、これまで以上にファミリーに寄り添う存在になることを目指しています。

「ハッピーセット®」をリニューアル

<サイドメニューの進化>
栄養バランスに配慮して、今まで「マックフライポテト® (S)」と「スイートコーン」の2種類だったサイドメニューを4種類に拡充し、追加料金なしで、より幅広い選択肢からお選びいただけるようになりました。スイートコーンにえだまめをプラスし、美味しく栄養を摂っていただける「えだまめコーン」、腸まで届くビフィズス菌(BB-12)を使用した、ほんのり甘く爽やかな風味の「ヨーグルト」を新商品として追加します。特に、「えだまめコーン」は子供が好きな野菜1位と2位の組み合わせになります。また、野菜の選択肢を増やすために、通常セットメニュー「サイドサラダ」をハッピーセットでも選択できるようにしました。実際の調査でも、「ハッピーセット」への要望として、「栄養バランスのとりやすさ」と「子供が食べやすい野菜などが追加されたらうれしい」などの声を最も多くいただいております。今回のリニューアルを通じて、お子様の成長や食事の機会に合わせ、より幅広い選択肢からお選びいただけるようにすることで、多様なニーズに寄り添います。

*「スイートコーン」は2021年1月7日(木)で販売終了。

 

リニューアル①栄養面にも配慮した新しい「ハッピーセット」のサイドメニュー

■新サイドメニュー
①えだまめコーン:栄養バランスを考慮して、ほのかな甘みのスイートコーンにえだまめをプラスしました。スイートコーンの黄色と、えだまめの鮮やかな緑色の彩り、噛むたびにはじけるつぶつぶとした食感もお楽しみ頂けます。美味しく栄養を摂っていただけるメニューです。

②ヨーグルト:生きて腸まで届くビフィズス菌(BB-12)を使用したヨーグルトです。ほんのり甘く爽やかな風味となめらかな口当たりに仕上げていて、お子様の成長に大切なカルシウムも美味しく摂っていただけます。ちょっとした小腹満たしにもおすすめのメニューです。

③サイドサラダ:通常セットメニューとして提供しているサイドサラダを「ハッピーセット」のサイドメニューとして選べるようになりました。レタス、むらさきキャベツ、赤パプリカ、黄パプリカを組み合わせたサラダです。

NEWえだまめコーン NEWヨーグルト サイドサラダ